たばこを買うか漫画を買うか

結局、我が事になる時にハラオチする。

説明は相手の状況をより具体的に想定できたら半分成功。

以前、某IT企業からの依頼で膨大な資料を作った。

IoTとかAIとか、そんな単語をたくさん使う資料だった。

当時はとても理解しているつもりになっていた。

実際、たくさん勉強した。

 

ただ、いまとなっては表層だけだったと思う。

 

 

Aであることが起きたら、

遠隔地のBに通知がいくようにしたい。

仕事ではなく個人的な用途・目的で。

 

これを自作しようと調べだしたら、なかなか難しい。

難しいけど、ひとつひとつ理解していくので、

実にすんなり頭に入ってくる。

 

表層的な概念や世界観は、

詳細に点と点をつなげなくても、

線や面として捉えられれば話ができてしまうが、

作るとなると、

スタート地点からゴール地点までの全ての点を

ひとつひとつつないでいかなければならない。

 

こういうソフトウェアが必要だとか、

ここにはこのハードウェアが必要だとか。

 

 

そんなことをしていて改めて気付いたのは、

点がわかると似たようなサービスや商品の僅かな違いが

よくわかるようになるということ。

 

こっちでできることがあっちではできないとか、その逆とか、

細分化できるようになる。それが差別化ってこと。

 

でもその差別化がいままでわからなかった。

 

中から見てる専門家と外から見てる一般人の目線は全然違う。

 

ニッチな商品を特定の顧客に提供するだけならいいが、

広く知ってほしいと思うなら相当努力しないとそろわない。

 

一度、点を理解してしまった人が、線や面に視界を広げる努力。

線や面しか知らない人に、点の面白さを

線や面の視点から説明し、興味を惹くための努力。

 

商談でも広告でも告白でもいいけれど、

説明は相手の状況をより具体的に想定できたら半分成功。

 

そういうこと。